代償分割は分割が難しい財産がある時に選択する!

相続時に遺産を分割する方法は、現物分割、換価分割、代償分割の3種類があります。現物分割は、現金は長男、不動産は次男といったように遺産ごとに取得する相続人を決める方法を言い、換価分割は遺産を全て現金に換えてから分割する方法を言います。そして代償分割とは、財産を取得した相続人が他の相続人に対して債務を負担する分割方法を言います。この債務とは代償財産を交付する事を指し、代償金を支払うケースが一般的ですが、他の不動産を交付するケースもあります。例えば、実家や営んでいる事業用の不動産や設備など、分割してしまうと生活や事業に大きな影響が出る財産がある場合は代償分割を選択すると良いでしょう。

代償分割のメリットと相続税の計算方法

その代償分割を行った場合の相続税の計算は、遺産を取得した相続人と代償財産を受け取った人で異なります。前者は、遺産の価額から代償として渡した財産の価額を差し引いた金額を課税価格とし、遺産を譲った後者は他の遺産の価額に代償財産の価額を加算した金額を課税価格とします。ただし、代償財産の価額をその時の時価などを基礎として算出した場合は、代償財産の相続税評価額を時価で除した割合を代償財産の価額に乗じて求めます。また、全ての相続人の協議によって、こうした計算方法に準ずる他の合理的な計算方法から算出した場合は、その金額が代償財産の価額となります。なお、代償財産に不動産を選択した場合は、その不動産の時価で譲渡したと見なされ、遺産を取得した相続人に所得税が課せられます。つまり、分割が難しい遺産があっても、取得する財産が法定相続分と同程度になる事が代償分割のメリットと言えます。

相続税の申告は被相続人が亡くなった事を知った日から10ヵ月以内です。期限までに納めないと延滞税が掛かりますので注意が必要です。

iDeCoは60歳になるまで現金化できない

iDeCoも、一応は投資信託を選んで資産運用をしていきます。しかし、一般の投資信託が好きなタイミングで解約して現金化できるのと違っていて、60歳になるまで原則として現金化させることはできません。途中で銘柄の変更などはできるのですが、現金にして受け取ることはできないのです。これは、iDeCoが年金制度の一種だからです。途中で解約されてしまっては、年金制度であることの意味が失われてしまいます。こうした制度趣旨になっているので、60歳になるまでに亡くなれば、もちろん本人は何も得をしません。ただ、遺族にお金が渡されるので、生命保険と似たような役割は果たしてくれます。遺族には全額渡せるので、その意味では損はありません。

iDeCoは運用益が原則非課税になる

一般の投資信託では、配当益にもきっちりと税金がかかります。原則20%ほどの税金がかかるので、その分リターンも減ることとなります。ですが、iDeCoにて運用をしている最中にはその心配がありません。iDeCoは、受け取るときにはもちろん税金がかかりますが、運用をしている最中には税金がかからないのです。配当益が出ても100%再投資ができるので、複利効果を最大限に享受することができます。こうした特徴を持っているため、老後資金の確保には非常に有効な制度になっています。

選べる商品ラインナップが違う

iDeCoで購入ができる銘柄の本数は限られています。銀行によって購入可能銘柄は違うのですが、厳しい審査に合格したものしか買うことはできません。自由度はそれほど高くないので、その点では一般の投資信託に及びません。

iDeCOとは、60歳になったら受け取ることの出来る積み立て型の年金です。積立金額は業種によって様々であるため、予め調べておく必要があります。

デジタルイラストの描き方のポイント

最近はイラストをパソコンなどを使ってデジタルで描く人が増えてきています。もしかしたら、デジタルでしかイラストを描いたことがない!という人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、デジタルイラストを描く上での描き方やコツ・注意点など、主にレイヤーの使い方に関してまとめてみました。

デジタルイラストは、レイヤー分けをこまめに!

デジタルイラストを描くためには、まず絵を描くためのグラフィックツールが必要ですよね。フリーのものから高額なソフトまでさまざまなものがありますが、やっぱりレイヤー機能が充実したソフトが便利です。デジタルでは、レイヤーを駆使してイラストを制作しましょう。

デジタルイラストを描く際に気をつけたいことは、人物や背景、小物類などはなるべくこまめにレイヤー分けして作ること。こまめにレイヤー分けをしておけば、配置の変更や新しい要素の追加などに、柔軟に対応ができるからです。

また人物の場合、手や目、口、足などをパーツごとにレイヤー分けしておけば、少しだけポーズや表情を変更したイラスト、いわゆる差分イラストを作りやすくなります。

効率よくイラストを作るには、レイヤー管理も重要

また色や影、ハイライト、エフェクトなどと言った要素もそれぞれ別のレイヤーとして分けておくのがオススメです。色や影の位置、光の当たり方などを変更したい場合、レイヤー分けしておけば簡単に変更ができて便利ですよ。

ただしあまりレイヤーを多くしてしまうと、どれがどのレイヤーなのか分からなくなって管理が大変です。レイヤーには分かりやすい名前を付けて、グループごとにまとめて分けておきましょう。

いかがでしたか?今回は主にレイヤーの使い方についてご紹介しました。デジタルイラストを作る際の参考になれば幸いです!

イラストの講座では、デッサンをしたり、自分の画風で好きなものを描いたりすることを一般的な内容としています。

転校しようと思う理由はさまざま

高校に入学したけども、イメージと違ったと感じる人は意外と多いはずです。頑張って入った高校であればイメージ通りの高校である可能性も高いですが、いい加減な気持ちで選んだ高校や、あまり努力をせずに選んだ高校だと途中で行くのが嫌になってしまうこともあるでしょう。また、男子校や女子校に行ったけども、異性がいないためやはり共学の方がよかったと感じる場合には、中退するのではなく別の高校に転校をするとよいでしょう。

公立高校に転校する時の条件

今まで公立高校だった人が私立高校に転校するのはそれほど難しくありません。また、私立高校から私立高校に転校することもそれほど難しくないでしょう。基本的に、私立高校は座席が余っていれば、転校を認めてくれる可能性があるからです。ただ、転校するためには学力試験や面接を行うところが多くなっています。特に、学力が高い高校では学力試験を受けるのが普通になります。一定のレベルに達していれば合格ですが、そうでなければ不合格になってしまいます。
これに対して、公立高校に転校するのは私立高校に転校するよりも難易度が高いです。公立高校の場合は、欠員が出ていることが条件の一つですが、それだけではありません。条件は複数あり、そのうちのひとつは県外から移住してきた場合です。例えば東京に住んでいた人が大阪に住む時には欠員が出ている時に限り転校することが可能になります。ただ、東京都から東京都などのように同じ都道府県内でも、転校が認められることはあります。それ以外でも、特別な事情がある場合や積極的な理由にもとづく場合も転校が可能です。

進路の変更などで高校を転校する場合には、中途募集の受験をサポートする塾や予備校が便利です。きめ細かい指導を受けると、合格レベルまで学力を高めることができます。

バイク保険は加入すべき?

通常オートバイを購入すると、自賠責保険は強制的に加入します。自賠責保険に加入しているから、その他の保険に加入しなくてもいいと思ってはいませんか。しかし、現状は自賠責保険だけでは補償内容が不十分なのです。自賠責保険では、対人賠償の一部のみの補償になりますが、任意保険では対物補償などの自賠責保険ではカバーされていない部分も補償されます。

その他にこんなメリットも!

自賠責保険では、自分のオートバイの修理費はカバーされませんが、任意保険で車両保険をつけておくと自分のオートバイの修理代もカバーされます。また、最近の任意保険ではロードサービスがセットになっていることが多いです。JAFに加入しているから大丈夫と思っている人も、要チェックです。もしバイクが動かなくなってしまった時のJAFのオートバイの運搬サービスは15キロメートルまでです。これでは馴染みのバイク屋さんまで運搬することが不可能な場合が多いのです。一般的に、任意保険にセットになっているロードサービスでは100キロメートル程度まで無料となっています。

任意保険に加入した場合の負担は?

任意保険料金は、オートバイの大きさやプランによって異なりますが、原付と125cc未満のバイクであると年間3万円程度です。250cc以上のオートバイとなると年間で4万円前後になるのが相場です。ただし、任意保険には等級もありますので、長い期間無事故を続けていると安くなります。等級は1等級から20等級までありますが、おおよその目安としては1等級なら52%割増となり、20等級となると63%割引となります。

バイク保険は、会社ごとに保険料が異なる場合もありますが、バイク保険比較によってお得な保険を見つけられます。

仮想通貨の存在は通貨の国境を無くす

ビットコインを含めた仮想通貨は、決済方法として採用しているインターネットサイトで使用することができます。そのサービスは全世界に向けられたものであり、仮想通貨があれば世界のどの国の商品でも購入することができます。

日本円にしてもアメリカドルにしても、その通貨を発行している国でしか直接使用することはできません。しかし仮想通貨はそんな通貨の国境を越える存在となるのです。

かつて金は世界中で物品との交換がなされ、通貨としての役割を果たしていました。近代以降、一つの通貨が一つの国だけで使用されることが原則になっていましたが、その原則を打ち破る金のような存在が登場したと言えるでしょう。

経済大国のお金が仮想通貨にシフトしている

世界共通の通貨になりつつあると考えると、自国の通貨や財産に不信感を持つ国の財産が流れて行きます。いずれ自国の通貨が暴落するのであれば、仮想通貨を買って資金を退避させておこうという考えです。

これがビットコインを世界中で買い支える原動力となっているのです。ひとたび値上がりが期待できるとなると、今度は投機を狙ったお金が入ってきます。そして値上がりが加速し、現在のような状況になっているのです。

基軸通貨になるものが出てくるのか

歴史を見てみますと、通貨の使用が始まった頃は国内でも多くの通貨が流通していました。歴史の中で強い通貨が弱い通貨を駆逐し、同じ国の中で同じ通貨が使用されるようになり、さらには世界で通貨の強弱ができ、円やドル、ユーロと言った基軸通貨ができました。これは仮想通貨にも言える事であり、多くの場所で利用出来たり、通貨としての力を付けて行った仮想通貨が失敗したものを駆逐していくでしょう。現状、ビットコインは最も強い仮想通貨の一つになっています。

最近、ビットコインでFX取引が出来る事業者が増えています。もともと通貨としての実物が存在しない仮想通貨である事から、差金決済には向いている側面が強く、レバレッジを利かせ易い点が大きな特長です。

専門学校でプログラミングの技術を身につけよう

プログラミングを一から学びたい時には、初心者向けのカリキュラムが組まれている専門学校に通うことがおすすめです。

特に、様々な業界で役立つプログラミング言語を中心に学べるところは、在学中に就職に役立つ資格を取得できたり、就職活動をスムーズに進められたりするメリットがあります。

また、コンピュータに対して苦手意識がある場合には、一人ひとりの学生に対する個別の教育プランが用意されている専門学校を探すことが効果的です。

なお、プログラミングの基本的な技術を習得できるまでの期間には個人差がありますが、二年制の専門学校では卒業までに実践的な事柄を学べる授業が行われていることから、人気の進学先として捉えられています。

ゲーム作成のノウハウを習得できる専門学校の選び方

ゲーム作成を一人でこなすためには、高度なコンピュータに関するスキルが要求されますが、進路に合わせて色々な授業を選べる専門学校において将来に役立つポイントをしっかりと把握することが大事です。

例えば、ゲーム会社での実務経験を持つ教員が揃っている専門学校では、実務的な知識や技術を身につけるための授業が行われているため、各自のニーズに合った技術を習得することが可能です。

また、ゲーム作成に必要となるデザインやプログラミングなどの学び方に関しては、実に様々なものがありますが、実績のある専門学校においてはそれぞれの学生のレベルに応じた教材が用意されています。

そこで、スムーズに進学先を決めるうえで、ゲーム会社への就職の実績や学習環境の良しあしを比較してみましょう。

ゲームの専門学校は、ゲームの作成などを職業にしたいと考える人が通うことになる学校です。常に多くの生徒が学んでいます。

クレジットカードでネットショップの決済をする利点

ネットショッピングを利用する際にクレジットカードを決済方法に選ぶことで、お得な価格でお目当ての商品を購入できたり、ポイントが貯まったりするメリットがあります。

大手の通販サイトの中には、クレジットカードの利用者を対象としたキャンペーンが行われているところもあり、ネットショッピングを利用する機会の多い人にとって好ましい状況となっています。

また、クレジットカードの利用時の手数料は、カード会社によって違いが見られますが、様々な機能を無料で使えるカードに対して人気が高まりつつあります。

なお、クレジットカードが使える店舗の数は、年々増加していますが、スムーズに決済をするうえで日頃から正しいカードの使い方を覚えることが大切です。

デビッドカード決済の魅力を知ろう

デビッドカードは、決済と同時に登録先の銀行から引き落としが行われるシステムが採用されており、家計の管理がしやすいことや、無駄遣いを防げるといったメリットがあります。

また、クレジットカードの加盟店であれば、デビッドカードであってもほぼ同様の決済方法を選ぶことができるため、社会生活における様々なシーンに役立ちます。

デビットカードのポイントの還元率は、クレジットカードよりも低めに設定される傾向がありますが、各カード会社のキャンペーンの機会を利用することで、効率よくポイントを貯めることも可能です。

なお、デビッドカードの利用者を対象としたサービスの内容にはカード会社によって大きな違いが見られるため、早期に気になる会社から資料を取り寄せることがオススメです。

元々客とやり取りのある店以外の会社が店に代わり、客から支払う金額を代理で回収することを決済代行と言います。特に通販サイトで使われていることが多くみられます。