iDeCoは60歳になるまで現金化できない

iDeCoも、一応は投資信託を選んで資産運用をしていきます。しかし、一般の投資信託が好きなタイミングで解約して現金化できるのと違っていて、60歳になるまで原則として現金化させることはできません。途中で銘柄の変更などはできるのですが、現金にして受け取ることはできないのです。これは、iDeCoが年金制度の一種だからです。途中で解約されてしまっては、年金制度であることの意味が失われてしまいます。こうした制度趣旨になっているので、60歳になるまでに亡くなれば、もちろん本人は何も得をしません。ただ、遺族にお金が渡されるので、生命保険と似たような役割は果たしてくれます。遺族には全額渡せるので、その意味では損はありません。

iDeCoは運用益が原則非課税になる

一般の投資信託では、配当益にもきっちりと税金がかかります。原則20%ほどの税金がかかるので、その分リターンも減ることとなります。ですが、iDeCoにて運用をしている最中にはその心配がありません。iDeCoは、受け取るときにはもちろん税金がかかりますが、運用をしている最中には税金がかからないのです。配当益が出ても100%再投資ができるので、複利効果を最大限に享受することができます。こうした特徴を持っているため、老後資金の確保には非常に有効な制度になっています。

選べる商品ラインナップが違う

iDeCoで購入ができる銘柄の本数は限られています。銀行によって購入可能銘柄は違うのですが、厳しい審査に合格したものしか買うことはできません。自由度はそれほど高くないので、その点では一般の投資信託に及びません。

iDeCOとは、60歳になったら受け取ることの出来る積み立て型の年金です。積立金額は業種によって様々であるため、予め調べておく必要があります。

デジタルイラストの描き方のポイント

最近はイラストをパソコンなどを使ってデジタルで描く人が増えてきています。もしかしたら、デジタルでしかイラストを描いたことがない!という人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、デジタルイラストを描く上での描き方やコツ・注意点など、主にレイヤーの使い方に関してまとめてみました。

デジタルイラストは、レイヤー分けをこまめに!

デジタルイラストを描くためには、まず絵を描くためのグラフィックツールが必要ですよね。フリーのものから高額なソフトまでさまざまなものがありますが、やっぱりレイヤー機能が充実したソフトが便利です。デジタルでは、レイヤーを駆使してイラストを制作しましょう。

デジタルイラストを描く際に気をつけたいことは、人物や背景、小物類などはなるべくこまめにレイヤー分けして作ること。こまめにレイヤー分けをしておけば、配置の変更や新しい要素の追加などに、柔軟に対応ができるからです。

また人物の場合、手や目、口、足などをパーツごとにレイヤー分けしておけば、少しだけポーズや表情を変更したイラスト、いわゆる差分イラストを作りやすくなります。

効率よくイラストを作るには、レイヤー管理も重要

また色や影、ハイライト、エフェクトなどと言った要素もそれぞれ別のレイヤーとして分けておくのがオススメです。色や影の位置、光の当たり方などを変更したい場合、レイヤー分けしておけば簡単に変更ができて便利ですよ。

ただしあまりレイヤーを多くしてしまうと、どれがどのレイヤーなのか分からなくなって管理が大変です。レイヤーには分かりやすい名前を付けて、グループごとにまとめて分けておきましょう。

いかがでしたか?今回は主にレイヤーの使い方についてご紹介しました。デジタルイラストを作る際の参考になれば幸いです!

イラストの講座では、デッサンをしたり、自分の画風で好きなものを描いたりすることを一般的な内容としています。

転校しようと思う理由はさまざま

高校に入学したけども、イメージと違ったと感じる人は意外と多いはずです。頑張って入った高校であればイメージ通りの高校である可能性も高いですが、いい加減な気持ちで選んだ高校や、あまり努力をせずに選んだ高校だと途中で行くのが嫌になってしまうこともあるでしょう。また、男子校や女子校に行ったけども、異性がいないためやはり共学の方がよかったと感じる場合には、中退するのではなく別の高校に転校をするとよいでしょう。

公立高校に転校する時の条件

今まで公立高校だった人が私立高校に転校するのはそれほど難しくありません。また、私立高校から私立高校に転校することもそれほど難しくないでしょう。基本的に、私立高校は座席が余っていれば、転校を認めてくれる可能性があるからです。ただ、転校するためには学力試験や面接を行うところが多くなっています。特に、学力が高い高校では学力試験を受けるのが普通になります。一定のレベルに達していれば合格ですが、そうでなければ不合格になってしまいます。
これに対して、公立高校に転校するのは私立高校に転校するよりも難易度が高いです。公立高校の場合は、欠員が出ていることが条件の一つですが、それだけではありません。条件は複数あり、そのうちのひとつは県外から移住してきた場合です。例えば東京に住んでいた人が大阪に住む時には欠員が出ている時に限り転校することが可能になります。ただ、東京都から東京都などのように同じ都道府県内でも、転校が認められることはあります。それ以外でも、特別な事情がある場合や積極的な理由にもとづく場合も転校が可能です。

進路の変更などで高校を転校する場合には、中途募集の受験をサポートする塾や予備校が便利です。きめ細かい指導を受けると、合格レベルまで学力を高めることができます。