国民年金は、加入者が国に保険料を払います。すると65歳から国から一定の給付がもらえます。厚生年金も基本的には同じような仕組みです。拠出額は自由に決められず、受取金額もそれぞれの人の支払い状況などで決められます。個人型確定拠出年金は、一応国に近い機関が運営しています。利用者はその期間に対して拠出をして将来の年金を受けます。ただ、拠出をするときは直接運営機関に拠出するわけではありません。自分自身で所定の金融機関を決め、そちらで口座を作って拠出の上運用をします。将来的には運用したお金を年金として受けられます。企業型だと自分で金融機関を選べないときもありますが、個人型は自由に選べます。その分金融機関選びが重要になってきます。

日本版401kと言われ2001年から始まった

NISAは、イギリスの制度を元にしたとされます。ISAと呼ばれる制度があり、投資に対する税金がかからない仕組みです。個人型確定拠出年金は、別名日本型401kと呼ばれています。401kはアメリカの制度で、個人からお金を拠出してもらい、年金運用も自分で行う制度になっています。これまでの年金制度は確定年金制度、確定給付制度が主でしたが、この仕組みで初めて確定拠出による制度が始まったといえます。開始されたのは2001年で、個人型の他に企業型も始まっています。運営を行っているのは国民年金基金連合会で、国に近い機関が行っています。長らく対象者は国民年金の第1号被保険者等に限られていましたが、2017年度から制度が変わって対象者が広げられました。

個人型確定拠出年金は公的年金にプラスして加入する事が出来るので、毎月決まった金額を拠出していきましょう。

2.5次元ミュージカルや2.5次元ライブなど、声優を中心にしたメディア展開が目立ちます。特に女性の若手声優はユニットを組むことが多く、コアなファンの後押しもあり、人気声優への道が広がります。また、一般誌やマンガ誌のグラビアに出る女性声優なども登場するなど、他のジャンルの女性芸能人とのボーダーレス化も進むと見込まれます。そのため、声優が表舞台のパフォーマーとなり得る存在として認識することが、声優として成功する要素にもなります。

海外ドラマの吹き替えも需要が多い

海外ドラマの吹き替えは、かなり需要があります。現在、アメリカでは年間多数の制作規模の大きいドラマを作っていて、一大市場を形成しています。また、日本以外のアジア圏のドラマはBSを中心に日本に多数供給されている点で、声優の活躍の場となり得る点に注目です。一般的に、海外ドラマに出る声優はアニメの声優として人気が一段落した人が多く、次のステップに海外ドラマの声優の仕事が該当します。ただ、最初から海外ドラマの声優をしている人も多く、住み分けが難しいのも事実です。

報道番組や情報番組のナレーション

トップクラスの声優の中には、アニメや海外ドラマの仕事の他に、報道番組や情報番組のナレーションをしている人もいます。それに該当する人は、同業者からの評価も高く、またアニメの仕事の時からスタッフから信頼を得ていた人だといえます。新人の声優にとって、ここまでのレベルに立つことは想像しにくいかもしれませんが、20代でも報道番組のナレーションをしている人もいるので決して目指せない話ではないです。

現役の声優として活躍する人材の多くは、声優の養成所を卒業している場合が多いです。基本的なレッスンはボイストレーニングになります。

家電量販店でもパソコンが売られるようになっています。ですからパソコンが自宅にある人も多いでしょう。学校の授業でも利用方法などが学べるようになっています。ただ、学校の授業で学べるのはかなり限定的です。インターネットの利用方法などが主になるので、パソコンの全てが分かるわけではありません。パソコンは一つの作業しかできないのではなく、いくつもの使い道がある道具です。パソコン教室では、自分の利用目的で学びたい内容が選べます。年賀状を作成するために使いたいなら、そのためのコースが用意されています。家計簿を作りたい人、何らかの案内書を作りたい人、音楽をしたり絵を描くなどもできます。プログラミングなども教えてもらえます。

操作をするのが怖くなくなる

最近のパソコンはノートパソコンが多くなりました。ディスプレイもキーボードもマウスもすべて一つの機械に備わっています。ディスプレイを開くとキーボードが出てきます。キーボードにはたくさんのボタンがついています。アルファベットや数字の他、矢印などもあります。使った経験のない人は、何をどう押したらどうなるのかわからないでしょう。何もわからないと、操作をするのが怖くて一切触れないかもしれません。自分で本を見ながらもいいですが、パソコン教室で学ぶのもいいかもしれません。パソコン教室には、パソコンをよく知っている講師が手取り足取り教えてくれます。電源の入れ方、ソフトの起動の仕方、キーボードでの入力の仕方、キーボードの役割なども教えてくれます。

パソコンスクールでは専門的な知識を身につけられます。パソコンソフトの使い方だけでなく資格取得の勉強や会場としても利用できます。