ビットコインに代表される仮想通貨の価格が上昇を続ける理由とは

仮想通貨の存在は通貨の国境を無くす

ビットコインを含めた仮想通貨は、決済方法として採用しているインターネットサイトで使用することができます。そのサービスは全世界に向けられたものであり、仮想通貨があれば世界のどの国の商品でも購入することができます。日本円にしてもアメリカドルにしても、その通貨を発行している国でしか直接使用することはできません。しかし仮想通貨はそんな通貨の国境を越える存在となるのです。かつて金は世界中で物品との交換がなされ、通貨としての役割を果たしていました。近代以降、一つの通貨が一つの国だけで使用されることが原則になっていましたが、その原則を打ち破る金のような存在が登場したと言えるでしょう。

経済大国のお金が仮想通貨にシフトしている

世界共通の通貨になりつつあると考えると、自国の通貨や財産に不信感を持つ国の財産が流れて行きます。いずれ自国の通貨が暴落するのであれば、仮想通貨を買って資金を退避させておこうという考えです。これがビットコインを世界中で買い支える原動力となっているのです。ひとたび値上がりが期待できるとなると、今度は投機を狙ったお金が入ってきます。そして値上がりが加速し、現在のような状況になっているのです。

基軸通貨になるものが出てくるのか

歴史を見てみますと、通貨の使用が始まった頃は国内でも多くの通貨が流通していました。歴史の中で強い通貨が弱い通貨を駆逐し、同じ国の中で同じ通貨が使用されるようになり、さらには世界で通貨の強弱ができ、円やドル、ユーロと言った基軸通貨ができました。これは仮想通貨にも言える事であり、多くの場所で利用出来たり、通貨としての力を付けて行った仮想通貨が失敗したものを駆逐していくでしょう。現状、ビットコインは最も強い仮想通貨の一つになっています。

最近、ビットコインでFX取引が出来る事業者が増えています。もともと通貨としての実物が存在しない仮想通貨である事から、差金決済には向いている側面が強く、レバレッジを利かせ易い点が大きな特長です。