高校を転校する方法を知っておくと何かと便利

転校しようと思う理由はさまざま

高校に入学したけども、イメージと違ったと感じる人は意外と多いはずです。頑張って入った高校であればイメージ通りの高校である可能性も高いですが、いい加減な気持ちで選んだ高校や、あまり努力をせずに選んだ高校だと途中で行くのが嫌になってしまうこともあるでしょう。また、男子校や女子校に行ったけども、異性がいないためやはり共学の方がよかったと感じる場合には、中退するのではなく別の高校に転校をするとよいでしょう。

公立高校に転校する時の条件

今まで公立高校だった人が私立高校に転校するのはそれほど難しくありません。また、私立高校から私立高校に転校することもそれほど難しくないでしょう。基本的に、私立高校は座席が余っていれば、転校を認めてくれる可能性があるからです。ただ、転校するためには学力試験や面接を行うところが多くなっています。特に、学力が高い高校では学力試験を受けるのが普通になります。一定のレベルに達していれば合格ですが、そうでなければ不合格になってしまいます。
これに対して、公立高校に転校するのは私立高校に転校するよりも難易度が高いです。公立高校の場合は、欠員が出ていることが条件の一つですが、それだけではありません。条件は複数あり、そのうちのひとつは県外から移住してきた場合です。例えば東京に住んでいた人が大阪に住む時には欠員が出ている時に限り転校することが可能になります。ただ、東京都から東京都などのように同じ都道府県内でも、転校が認められることはあります。それ以外でも、特別な事情がある場合や積極的な理由にもとづく場合も転校が可能です。

進路の変更などで高校を転校する場合には、中途募集の受験をサポートする塾や予備校が便利です。きめ細かい指導を受けると、合格レベルまで学力を高めることができます。