iDeCoと普通の投資信託で違っている点は?

iDeCoは60歳になるまで現金化できない

iDeCoも、一応は投資信託を選んで資産運用をしていきます。しかし、一般の投資信託が好きなタイミングで解約して現金化できるのと違っていて、60歳になるまで原則として現金化させることはできません。途中で銘柄の変更などはできるのですが、現金にして受け取ることはできないのです。これは、iDeCoが年金制度の一種だからです。途中で解約されてしまっては、年金制度であることの意味が失われてしまいます。こうした制度趣旨になっているので、60歳になるまでに亡くなれば、もちろん本人は何も得をしません。ただ、遺族にお金が渡されるので、生命保険と似たような役割は果たしてくれます。遺族には全額渡せるので、その意味では損はありません。

iDeCoは運用益が原則非課税になる

一般の投資信託では、配当益にもきっちりと税金がかかります。原則20%ほどの税金がかかるので、その分リターンも減ることとなります。ですが、iDeCoにて運用をしている最中にはその心配がありません。iDeCoは、受け取るときにはもちろん税金がかかりますが、運用をしている最中には税金がかからないのです。配当益が出ても100%再投資ができるので、複利効果を最大限に享受することができます。こうした特徴を持っているため、老後資金の確保には非常に有効な制度になっています。

選べる商品ラインナップが違う

iDeCoで購入ができる銘柄の本数は限られています。銀行によって購入可能銘柄は違うのですが、厳しい審査に合格したものしか買うことはできません。自由度はそれほど高くないので、その点では一般の投資信託に及びません。

iDeCOとは、60歳になったら受け取ることの出来る積み立て型の年金です。積立金額は業種によって様々であるため、予め調べておく必要があります。