保険のお悩みは社会労務士に!その多岐に渡る仕事内容

社会労務士の具体的な仕事内容は何なのでしょうか。

社会労務士とは、社会保険、年金、人事や労務に関した管理を取り扱う専門家で国家資格になります。具体的にはまず企業が行政機関に提出しなければならない書類を作成したりまた行政機関の手続きの代行があります。この業務は社会労務士の資格を持っていないと出来ない仕事で独占業務と言われます。その他社会労務士の独占業務には各種保険の書類作成・就業規則の作成などがあります。

どのような就業体系なの?

社会労務士の就業体系には、企業に勤めてその企業の保険関係の業務に携わるか、もしくは事務所を立ち上げ独立し、色々な企業の相談を受けるという2種類の働き方があります。

社会労務士の試験を受けるには?試験内容は?

国家試験の多くは取りたい資格に関する実務経験があるか、資格に関する大学の学部を出ていなければならない、という条件がある資格が多いですが、社会労務士は短大・高専卒業以上の学歴があれば受験できます。試験内容は大きく分けると労働基準法等の労働保険の分野と健康保険法等の社会保険の分野から8科目と、労働・社会保険に関する一般常識などの問題が出題されます。

社会労務士の需要とこれから

社会労務士は国家資格で独占業務もあるため、資格を持っていれば就職・転職で有利になるほか、定年後も活躍の場があります。現在、社会の変化によって労働の問題が様々あり、豊富な知識を持つ社会労務士の役割は大きいものとなると考えられるからです。そして多くの働く人たちや企業の手助けが出来る仕事であり、社会を支える仕事であるというやりがいもあります。

就業規則の安易なコピペ作成は、労務トラブルのもとです。社会保険労務士の就業規則は、会社の現状を分析した上で作成します。